TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

増税が迫る・・・

お金に余裕が有れば誰しもがまとめ買い等でその場をしのごうとするんでしょうね~
貧乏な我が家にはそんなことは無理ですから缶詰や乾物を少々多めに買っただけです。


まあ、少し多めに必要な女性用生理パットだけは嫁と娘も居ますからかなり家計に響く商品で
とても頭が痛い商品ですね~(´・ω・`)

使いだした最初に比べると今はかなり無駄に消費してます
嫁と娘は2人で同じものを購入して使ってるようですが、私の場合はここ最近では3種類のパットを買っています
昼用は20cmサイズのとにかく安ければいいタイプですが、夜用の29~30cmサイズでは
フィット感は悪いが薄いけど吸収率は高いタイプと、柔らかくギャザーが大きい漏れが少なそうなタイプを用意しています。

日本手ぬぐいを縦半分に折って、ギャザーの大きいタイプを2枚横に並べて上下2段に貼る下段に張り付けます
そして、上段に昼間用を2まい並べてはるか、夜用の薄いタイプを真ん中に1枚張るかって感じにしています
ナイト用の場合、羽なしタイプで12個が1パック程になってますから2日で1パック必要になります
安売りに合わせて買いに行っても2パック梱包で¥200前後になります
しかも個数限定販売が多いんで出来るだけ早めにいかないと売り切れ状態になってしまいます。


たえず家の在庫を考えながら探さなければならないうえに、まだこれから先も傷口が広がりそうなんで
使えそうなタイプを見ておく必要まであります
ですから無理に買い漁っても無駄になる可能性まであるんです・・・

あ~ぁ、また愚痴を書いてしまった(*´з`)











スポンサーサイト
日記・雑記 | Comments (0) | Trackbacks (-)

フルーツの酵素・・・

舌癌ですから結構柑橘系とかってしみていたいんですが、それだけに飽き足らず生のフルーツをミキサーにかけて
飲むというか流し込むというかって感じですが、フルーツの酵素はその後しばらく痺れている感じで
辛いものが有ります・・・


これが、缶詰になるとどってことないんですよね~
病院食のフルーツの裏ごしというかミキサー食に多いのは白桃・黄桃・パイナップルの缶詰が殆どだと思います

シロップ漬けだから当分は高いんですが、生のフルーツをいろいろ買い続けるよりはコストは安く済むんですから
ここに野菜等を一緒に入れて摂取することが多くなりそうです。


さて、一昨日退院したわけですが今日は通院日となってまして
午前中に行ってきました

今週はTS-1は休薬となりますから、来週の通院での血液検査の結果次第でまた継続が始まるかもしれません
また、口腔外科の歯科衛生士や看護師の方たちはオイラの雰囲気で体調が良さそうなのが判るのか
皆さんに先週より良さそうじゃんと声を掛けてくれます

主治医は納得がいかない様子で首を振ってますが・・・
フェントステープの薬量を減らしたおかげで体も軽く食欲もわいてます
屯用でオキノームの服用は多少増えそうですが、このほうが自分で調整できる分楽になってます
これでロキソニンの服用量がもう少し多ければ良いのですが、1日180mgの指定が有るんで
8時間おきの1日3回服用が限度です

この状態をあとどれくらい続けていけるかは不明ですが
丸2年を過ぎているわけですから、あと3年を過ぎたとしたら・・・・おもろいでしょうね~
まあ、その前に治療費でお手上げになりそうですけどね




口腔外科内の扱いになる癌患者も結構増えているようで、この先オイラのように3大治療を行わず
民間療法や食事療法を主体にする方も増えるかもしれません

オイラの予想では、口腔関係のガンは腫瘍が大きくなるとどうしても離れたところへ転移するか
リンパ辺りからオイラと同じように腫瘍が表層へと現れる可能性が高いですから
オイラと同じような処置をしなければならないかもしれなくなります
そのことは頭の片隅にしまっておくことをお勧めします。






がんとお金の本

病気になれば当然出費がかさむだけでなく収入にも大きく響くこととなります。

癌の内容によっては当分の間自覚症状も無く普段の生活のまま暮らせるのですが
逆に言えばこの間に着々と病魔が広がっていくのです。


がんとお金の本がんとお金の本
(2011/08/18)
黒田 尚子

商品詳細を見る




私の場合は癌宣告を受ける前から怪しいと分かって居ながら放置した結果
ステージⅢまで進んでいまして、舌癌の場合はたとえステージが1であっても楽観はできない部位ですから
3大治療を行っても5年の生存率は20%程と、転移の危険性が高い部位だということです

転移の危険性が高いということは怯えながら定期的に通院と検査を行っていかなければならず
「検査料金・治療費・通院費」などを考えるとかなり生活に負担がかかってきます。

しかも、手術状況によってではありますが言語障害や嚥下障害などの後遺症が付いて回りますから
仕事関係にも大きく響きます

基本的に外傷が残り、後遺症や通院・検査等で仕事を休んだり
営業職・接客業は仕事の継続が無理になってしまうことも多々あるようで
仕事=収入にも大きく響き家族の生活までもが大きく変わってしまいます。



私の場合は貧乏漁師でしたから、只でさえ生活は苦しかったんですが
おまけに継続しての治療費などで3大治療で進むには考えただけで無理があり
このまま食事療法・民間療法で進むことを選択したわけです


何とか、ずいぶん古いがん保険に一応入ってましたが
3大治療を行わない入院ではがん保険は有効ではありませんでした
ですから、癌と告知されたら・・・の保険金だけは頂いたんですが
それ以外の払戻金は受け取ることが出来ないわけです。

現在だと同じがん保険でも内容が様々で先進治療を受けたとしても保険金を受け取ることが出来る保険種類が有るらしいです。
私の場合はもう変更も出来ないわけですから何ともなりません


掛け捨てタイプのアフラックのガン保険などでは、掛け捨てタイプですから保険料も無理せず払える金額ですから
とりあえずイザという時の為に加入しておくといいですね~
医療保険タイプも有りますが、やはり癌に特化したタイプのほうが保障の面で得策だと思われます

また、定期的に見直しで先進治療も種類が増えていますから合わせて見直していけば対応幅が広がります。


ガンの告知を受けてからでは遅いですから、元気なうちにとりあえず加入することが大事ですよ~~~







日記・雑記 | Comments (0) | Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。