TOPスポンサー広告 ≫ 夫が治療をしない理由TOP舌癌ですって? ≫ 夫が治療をしない理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

夫が治療をしない理由

夫が治療をしない理由
うまくいえないけど、なんとなくわかっています。
家族の生活やなんかを除いて考えても、そういう考えなんだと思っています。

ところで、私の母親、肺がんで亡くなりました。
何年前になるかなぁ。
親不孝なもので記憶があいまいです。

あの人の場合も、そんなに早く見つかったものじゃなかったし、あの人は治療する人でした。
手術のために放射線やって、抗がん剤もやって。
あ、手術は2回して2回目のときはリンパとかにたくさんあってとりきれない常態だったとか。


抗がん剤を打って体力もなくなって、痛みもひどくなってきたころ怒りっぽくなって。
肺をひとつ全部取っちゃってるから、息するのもえらいみたいだった。

薬のせいで誰だか良くわからないことも出てきたり、髪の毛はなくなっちゃってた。
食欲もなかったな。



このときの先生。
今の先生みたいにいろんな説明はなかったな。


「こうだからこの治療。承諾してくれますね。」


みたいな。
私もそういうものだと思ってたし、それが本人の望みでもあったから別になんとも思わなかったけど。

夫の主治医のO先生。
やさしい性格なのか今はそんなものなのか、なんかおんなじ病院なのに先生の感じが違うなぁとか思うことが多い今日この頃。
おかげさまで夫のわがままにもきちんと対応してくれます。gomao


ま、そんな私の母親の闘病を一緒に見てきた夫としては、複雑でしょうね。
その上、今のご時世ネットでいろんな情報が手に入ります。
病院での治療に踏み切れないのもわかるんですけどね。

私もどうしていいかわかんないけど、O先生もかわいそうね。
自分の持っている知識や技術を使えない患者は正直困ると思うな。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。