TOP ≫ CATEGORY ≫ 舌癌ですって?
CATEGORY ≫ 舌癌ですって?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

TS1 1週間がたちました

昨日、経口抗がん剤 TS1さんを飲み始めて1週間ということで血液&尿検査、診察を受けに行った夫。
ついていきましたよ。待ち時間が長かった。


なんとも、不思議な感じですが舌の大きさが少しばかり小さくなってるみたい。
本人も言ってたけどO先生もそうおっしゃってました。
私、見ないのでわかりませんが2人が言うならそうなんでしょうね。
(見ないというより、見てはいけないものだと認識しています・・・・)



で、血液検査の結果がとっても気になりネットで全部調べてあげました♪
なにせ、来月私も簡単な血液検査を受けるからそのとき用ってのもありますが(^^;


ここにまとめておこう。
ひとつのサイトで全部見つけられなかったからあちこち探したんだ。



A/G がなかなか見つからなかったのがここにあった。
 http://tatujin.net/kensakoumokuitiran.html  健康・医療の総合情報サイト

わかりやすかったので
 http://www.youkoso-kenkoukanri.jp/kenkou/kensin/kensin_ketsueki.html 
 岡山県教育庁福利課健康管理班

血液検査について難しいような親切なようなところ
 http://www.cbunbun.com/kensakoumoku/  血液検査のそこが知りたい 

最初に見たところ
 http://www.medical-examination.com/blood/item/ensho.htm  健康診断.com

これもA/Gになってる・・・?
 http://ketueki.syanari.com/AG.html  血液で分かるからだの病気


もう1個あったけど間違って削除した。ゴミ箱の機能を使わない人なのでもう、わからない。。。
こんなの復元するの面倒なので忘れることにした。

各ページ、TOPぢゃないし許可も取ってないのでリンクはしていません。
許可がないのでここで紹介しちゃだめだとかいう問題があれば削除しますのでお知らせください。




あ、そうそう、でもって又1週間TS1飲むことになった。
この1週間では副作用もなく穏やかでしたが次の1週間はわからないということ。不安。
あってもこれからが多いそうで・・・。
でも、舌も歯の中に納まりつつあって副作用もひどくなくすごせた1週間には感謝しています。gomawo
不安は消えることはないでしょうが穏やかにすごせますように。

とりあえず、又1週間後に検査&診察ですわ♪


成長中

すくすくと成長していらっしゃるようで >がん細胞さん

夫をいじめてます。


こないだ胃潰瘍の具合を見てもらったらそっちも芳しくないみたいで。
落ち込む>私


で、舌がんさん、成長してるんですね。
雑草と病原体は育たなくていいんです。
O先生「大きくなってるね」なんてかわいく言われても・・・
落ち込む>私


本人の夫、診察中でもま、あんま言わないというか言わない。

本当はいつも痛いんだよ。
食べるの痛いし飲み込むの大変なのに大丈夫とか言う。

私にも大丈夫とか言うけど
食べにくいもの出したら、確実に怒っていらっしゃる風で・・・
そりゃぁ、痛いんでしょう。
しかも食べたいものじゃないものばっかり食べてるし。
落ち込む>私




まじめに言うと(ふざけてはいないけど)

口に出したくないというか、認めたくない現実。



どうする?
夫、死んだら?



子供がいなければね、私も別に孤独死でも仕方ないと思うんだ。
でも、子供大きくなって幸せになってほしいし。
私、何ができるか?

何もする気が起きないのを何とかしないと。


夫、死ぬのか?
いやぁ、死なないでしょう。
一緒になるときの約束ですから。
私より先に死なないって。
15歳も年上なのに、約束したんだから。
守ってください。大人ですから。

無理やりでも、約束を守ってくれると信じないと。
ほかに何を信じればいいのかぁ?

あ、そういえば、経口抗がん剤 TS1とかいうやつ
飲みはじめました。>夫

相変わらず、私より元気に走り回ってます。

不思議です。

私が呑んでるのもおかしな事実だと思うけど、呑まなきゃやってられないってか
舌癌さんより前に私のあるちゅうが先客ですので仕方ないです。

しかもこの時間も夫、外出中。一日中おうちにいません。
大丈夫なのだろうか?>副作用・・・


あとはのとなれやまとなれ

むかつく言葉だ、私がそうする。


急展開のお話

病院にいかないと書かない感じだったのが、病院の日書こうと思った。

7月11日

朝9時、診察。
下痢も止まらず、辛い感じでした。で血液検査。
やっぱり貧血が出ていた。

で、胃薬やロキソニンやら出してもらって帰宅。
家についてからも調子悪そうに寝てた。

起き上がって私はトイレだと思ったんだけど、後で聞いたらうがいしに行ったって。



ドンっ

一瞬で倒れたと認識。
洗面所の前に行くと目を見開いて倒れてた。
呼んでも応答なし。
死んでしまうと思って、すぐさま119.

動転しながら何とか救急車を呼ぶことに成功。

その間に夫の意識が戻ったようだ。
まだ朦朧としている間はあるけど、状態は把握していたみたいだ。


救急病院に到着

処置。検査をしてもらっている間、なんともしんどかった。
きっと驚きすぎて私の血圧が上がっていたんじゃないかと思う。


そして下血の箇所を調べるために内視鏡カメラをするって。
貧血がひどいから輸血もするって。

またまた驚いて手が震える。


結果、胃潰瘍からの出血で貧血がひどく進んだらしい。



6/7    Hb12.1
7/11 AM Hb8.1
7/11 AM Hb6.7

朝と夕方でこんなにも違った。そりゃぁ何も知らない私でもひどいと言うのがわかる。


なんてこったい。どうすりゃいいんだい。
夫は処置室、ひとりぼっち、知ってる先生も看護士さんもいない。
トイレにもいけない(いつ呼ばれるかわからない不安で動けない)


そこへ見覚えのある顔。
なんかほっとした気がする。
舌癌のO先生だ。
なんか説明してくれたけどよくわからなかった。胃潰瘍のT先生と同じような内容のような気もしたし
何か違う気もした。

私の頭の中では、胃潰瘍は胃潰瘍なのか?こっちは癌じゃないの?
で、胃潰瘍だと抗がん剤無理じゃないの?
このまま死んじゃうの?
私、一人で病院までこれるのかなぁ。
なんか違うこと考えてたんだと思う。


とにかく嫌っていた(避けていた)入院。

それも、舌癌でもなく胃潰瘍で。


入院して次の日。O先生が話をする時間をくれたので抗がん剤のことだけ何とか聞けた。
いろいろお話してくれてますます現実感が・・・。
思いのほかSHOCKなのね。

他人と話すのが苦手なので聞きたいことがうまく聞けないのが今の最重要課題。
いや、その前に私が丈夫にならないといけないんだ。
そもそもそれも入院や治療を避けていた原因のひとつでもあるのだから。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。